サラ金から借金、債権譲渡について

サラ金からお金を借りる!債権譲渡とはなにか?

債権譲渡って知ってますか?債権譲渡って言うのはその名の通り債権を譲渡するんです。え?そんなことはわかってるって?・・・そうですよね。では少し説明していこうと思います。

債権譲渡というのは、えーとそうですね、例えばあなたがA社からお金を借りていて、あなたが全く返済しなかったとするじゃないですか。で、A社も頑張って取立てするんだけど、もうこの人から借金を回収できないって思ったら、債権(貸した金を返せって言える権利)を全く同じ状態で別の会社に売り渡すんですよ。これが債権譲渡です。

はあ?渡すだけ?じゃあ特に問題ないのでは?と思うかもしれませんが、そうではないのです。通常であれば債権は法務省が定めている債権回収会社に渡すのですがそうじゃないところもある可能性も十分あるのです。

もし、その債権が暴力団ぽい人のところにわたってたらどうします?困りますよねえ?そうなると取立て厳しくなりますからね。それに債権譲渡の困るところはこれだけじゃないんですよ。

例えば今から5年以上前に借金しててそれを返済してないってときに急に返済請求されて最終通告みたいなのが送られてくると焦りますよね。最後に返済したのが5年以上前で今までに特に何も言われてなく急に通告が来た場合もしかしたら時効が成立してるかも知れませんので、支払いをする前に確認してみてください。

払ってないのを時効になってるにもかかわらず払えってのは、まあ払ってないあなたにも問題がという事になるかも知れませんが、時効になってたら払う必要はないのです。それに過払いの可能性もあります。債権譲渡された場合古いものだと記憶に残ってないこともあるでしょう。

急にそういうのが来たからといって連絡してはいけませんよ。相手にすぐに連絡を入れると焦っていると思われて、払う必要のないものまで払わされることになるかも知れませんので。ですから心当たりがないなら連絡してはいけません。もし借金があったとしても5年以上経過していれば時効の可能性もあります。

そういった時一人での対処が不安なら弁護士などに相談してみるといいでしょう。債権譲渡には十分注意してください。そして返済はきちんとしましょう。