金貸しの知識、サラ金規制法

金貸しについて知っておきたいこと!サラ金規制法とは?

金貸しからお金を借りるなら知っておいたほうがいいこともあると思いませんか?サラ金規制法ってのがあるんですよ。お金借りるならこれ知っておいたほうが安心できるんじゃないですか?安心するにはいいですけど知ったからといって、どうなるってわけでもないです。それでも知っておく価値はあります。

サラ金規制法、正式名称はこれではないのですが重要なのは名称というより内容でしょう?サラ金規制法などでは、そうですねー、取立ての制限とか、貸付金の制限とかいろいろ借りる人に助かる内容が決められてあるんですよ。

取立ての制限っていうのはですね、過剰に取立てに来られると生活に影響出るじゃないですか?だから、その過剰な取り立てを制限するものなんですよ。取立てがだめだっていうんじゃないので、取立てに来ないわけではないですね。夜間に取立てに来られると寝れなかったりするし日中でも何回も来られると困るじゃないですか、外出しにくくなりますしね。だから、過剰に取立てするのを制限しているのです。制限しているだけですから取立てに来ないんだとは思わないでくださいね。

貸付金の制限っていうのは総量規制とかなども、かかわってくるのですが、借りれる金額を制限してるものですかね。あのーですね。借りたのはいいけど借りすぎて返済できないってこともあるじゃないですか?そういうのを防ぐために借りれる金額を制限してるんです。借りすぎを防ぐためのものです。収入によって違うのであなたがどれくらい借りれるかはわかりませんけどね。

どういったことにしろ借りる人を守るためのものであると思ってもらっていいと思います。しかし、その法律があるからといって、取立てに来ないわけではないですし、借りれる金額が絶対に変わらないというわけでもないのです。定めているのは常識的に考えてこれなら大丈夫だろうくらいなものだと思ってください。

借りれる制限があるから限界まで借りても返済できるという事を保証しているわけではないのですから。ほかにもいろいろ定めてありますので、確認してみてください。

返済計画は借りてから立てるのではなく借りる前にある程度考えておきましょう。