銀行と消費者金融の審査について

銀行と消費者金融ではどちらのほうが審査に通りやすいのか?

銀行と消費者金融、審査に通りやすいのはどっちか?どっちが通りやすいかそれはどっちとも言えませんね。偶然消費者金融に通りやすい人であれば消費者金融のほうが比較的通りやすいというでしょうし、いや銀行のほうが通りやすいんじゃない?って人もいるでしょう。

まずは、どちらも収入が安定してないと審査に通るのは厳しいですね。返してくれるのかくれないのかはっきりしない人にお金を貸せるかというとなやみますよね?私だったら返してくれそうにない人は貸さないと思います。友達なら貸すかもしれませんが、見ず知らずの人に金を貸せるかと言われると返してくれそうにないと貸せませんね。

それと後は信用できるかどうかです。いくらたくさん収入があっても返してくれない人には貸せません。よく延滞してる人に大金を貸しちゃうと返してくれそうにないですもんね。そんな人にお金を貸すのは躊躇します。

それは、私だけでなくみなさんも同じではないでしょうか?消費者金融や銀行も仕事とはいえ、いや、仕事だからこそしっかりと審査をするのです。どっちが通りやすいか何も考えなければ消費者金融のほうがもしれませんね。お金を貸すことでしか収入がないならできるだけ貸そうとするから審査に通りやすいかもしれません。でも、やはりどちらも似たようなものです。見かたは違うでしょうけどね。

人が違えば見かたがちがうのは当たり前です。だからこそ銀行で審査に通らなくても消費者金融のほうでは審査に通ったり、消費者金融のほうで通らなくても銀行のほうで通ったりするのです。

ですから、お金を借りるなら、まずは自分の収入は安定しているか、延滞せずに返していける金額を借りようと思っているのかしっかり考えてからにしましょう。お金を借りるときには金利などについても考えるはずです。

よく考えて消費者金融にするのか銀行にするのか考えましょう。自分は消費者金融のほうが都合がいいと思っていても審査に通るかどうかはわからないのでどちらの場合でも自分に合ったところを探しておくのがよいでしょう。