サラ金への借金と刑務所

サラ金への借金中に刑務所に入るとどうなるの?

借金してる途中に刑務所に入っちゃうとどうなるのでしょうか?借金はなくなるのかというとそういうわけではありません。借金は残ったままです。刑務所から出た後にでも働いて返す必要があるでしょう。

しかし、刑務所に入っている間も時間は進んでいます。刑務所に入ってしまった場合は返済をするということ以外に考えておいたほうがいいこともあります。例えば、刑務所に入るかなり前から借金をしていて、それは長いこと返済してないなんていうのであればなおさら考えるべきです。

例えば3年前にお金を借りて2年ほど前から返済を全くしてない、その状態で刑務所に3年から4年ほど入ることになってしまった。まあ、2年も前から返済してないならたいして気にしてないかもしれませんが、刑務所に5年以上いる事になった場合借金をしてるなら考えたほうがいいです。

何を考えるのかというと借金の時効です。借金を返済してない期間が5年以上あると借金を時効にしてなくしてしまう事が可能なのです。刑務所に入ってる間は時間を計測しないというわけではありません。刑務所から出てすぐに働くところがないのに借金返済の取立てに来られても困りますよね。そういったことを防ぐためにも時効について考えておいたほうがいいのではないでしょうか?

一定期間返済していなくて、貸金業者から何か行動がなければ手続きさえしてしまえば借金をなくすことが可能です。ですから、刑務所に入ってしまった場合は時効について検討してみてもいいとは思います。お勧めしてるわけではありません。

借金が原因でまた刑務所にという事もありますからね。やり直すならゼロからのほうがいいでしょう。借金をなくしてしまってやり直すというのも一つの方法だと思います。ただ、時効にしても返済をしたわけではないので、お金を借りるという事が情報が残っている間はほぼ無理ですので注意しておきましょう。