金貸しからの借金と過払い

金貸しから金を借りるとなぜ過払いが生じるのか?

なぜ、お金を借りると過払いなんてことが起きるのでしょうか?それは法律のせいですね。簡単に言っちゃうと。利息制限法で定められている金利の上限ともう一つ別の法律で定められている法律での金利の上限に差があったんです。その差をグレーゾーンなんて言ったりしてます。

その差で生じるのが過払いなんです。だからお金を借りたことがある人で返済を長くやっている人だと過払いの可能性は十分にあり得るのです。過払いかどうかは弁護士に相談してみるのがいいでしょう。弁護士に相談する費用と過払い金と考えて得をするようなら相談して過払い金の返還請求をするといいと思います。

絶対に過払い金の請求をしたほうがいいといっているわけではないので注意してください。それから、過払い金の請求をするにはまず、返済を済ませてからにしましょう。返済を済ませる前に過払いだなんだの行っても仕方ないことはわかるでしょう?文句があるなら借りた金返してから言えやってなるのはわかるでしょう。

ですから、まずは返済を済ませる事です。明らかに金利が高すぎて返済しても金利を返すだけで精いっぱいなんて状況ならもうすでに相談してるでしょ?金利が高すぎないか?って。まあ、でも金利がそんなに高くなくても借りたお金が大きければ金利で払う分も増えるのでしんどくはなりますがね。

過払いが生じるのは法律の金利の上限に差があったからです。もしかしたら自分も過払いかもしれない。そのお金がけっこう多くて取り返せるなら取り返したいと思うなら弁護士に相談するといいでしょう。どうするかはあなた次第ですのでよく考えて得をするほうを選ぶようにしましょう。皆が過払い金の返還請求をしてるからといってあなたも絶対にできるというわけではないので注意してください。