高利貸からの借金の限度額

高利貸からお金を借りる!限度額はいくらなのか?

高利貸し、お金を貸してくれるところですね。金利が高いというと消費者金融というイメージですかね。さて、一体いくらまで借りれるんでしょうか?どれくらいまで借りれるというのはどうやって決まっているのか?気になりますよね。

限度額に制限はあるのか、あります。限度額は決まってます。限度額は信用や年収などによって決まります。年収はわかりますよね。収入が多い人のほうが確実に返してくれると思うでしょう?逆に収入が少ない人に大金を貸しだすのは躊躇しますよね。

限度額は最大で、年収の3分の1までです。年収が300万なら100万までなら頑張れば借りる事ができます。ここで信用とかいう話が出てくるんですよ。わかりますよね?たとえどんなにお金持ちでもどんな人かわからないのに最初から年収の3分の1まで貸してくれるわけがないですよね?

お金を借りても返してくれるというふうに信用してもらっていれば年収の3分の1までなら貸してもらえるでしょう。しかし、それだけ貸してもらえた=返せるというわけではありません。勘違いはしないでくださいね。

でも、少し気になることありますよね。じゃあ急にもっとお金が必要になったらどうすればいいのか?それについてはあまり気にしなくていいかもしれません。この年収の3分の1までというのに含まれない借入というのもあるからです。だから、本当に必要なら借りる前に無理だからとあきらめるのではなく、相談してみるといいでしょう。

限度額があるのはあなたがお金を借りすぎないようにするためのものです。お金を返済できないほど借りると困るでしょう?限度額は目安ですよ。これ上借りるとかなり大変だよってね。年収300万で100万借りると限度額ぎりぎりでも返せる自信あまりないでしょう?だから借りすぎには注意しましょう。

限度額は最大で年収の3分の1まででもぎりぎりまで借りないようにしましょう。限度額は最初から年収の3分の1まで借りれるわけではないので最初から年収の3分の1まで借りれるとは思わないようにしましょう。