サラ金からの借金の踏み倒し

サラ金から借金して、踏み倒しは可能なのか?

借金を踏み倒す、こんな言葉聞いたことありますよね?ふみたおすってどういうことなんでしょうか?あるいはそんなこと可能なのでしょうか?ということでそのことについて説明していきたいと思います。

サラ金からにしろ銀行からにしろ借金をするときには返すつもりで借りるでしょう?でも実際返せなくなることありますよね。サラ金結構金利高かったりしますからね。借金を踏み倒すっていうのはですね、借りているにもかかわらず借りてないふりをするというか、しらばっくれるというか、そんな感じですかね。一言でいうなれば、返さずに逃げるでしょうか。

で、実際そんなことが可能なのかどうかですが、そりゃしようと思えばできるでしょう。はじめから返すつもりがないのに借りるという事はほとんどしないと思いますが、事情によっては返せなくなって夜逃げとかすることもあるかも知れません。住所とか変更しなければ逃げる事くらいはできるでしょう。だから、結論から言ってしまえば踏み倒すことも可能なんですよ。カードローン審査緩い

ただ、踏み倒すという事は、借金を返済しきらないということですから、返済していないという情報が残ってしまいます。本当に困った時にお金を借りれなくなります。ま、踏み倒さなければいけないような状況なら、その時が一番困ってるんでしょうけどね。

たいした額でないなら、きちんと返済しときましょう。お金を借りた以上は返す必要があります。それぞれ人にはいろんな事情があります。立場が違えば考え方も違ってくるでしょう。だからこそ、踏み倒そうとする前に少しでいいからお金を借りた相手のことも考えてあげましょう。

友達に借りたわけじゃないから、返さなくてもいいとかじゃなくて、サラ金に勤めてる人にだって生活があるんですよ。一人くらいが踏み倒したくらいでは何の影響も出ないと思いますがね。

お金を借りたら返す。返せないなら借りない。立場や事情が違うと考え方も違うけどできるだけ相手のことも考える。それを理解したうえでどうしても踏み倒さなければいけないならそれはしかたないのでしょう。

今後のこともしっかり考えてくださいね。サラ金からの借金を最初から踏み倒すつもりで借りるのはやめときましょう。相手が困るとかじゃなくあなたのためにもそういう行為は控えたほうがいいと言えるでしょう。

踏み倒すこと自体は可能だとは思います。しかしお勧めはしません。しっかり返済をしましょうね。