サラ金の取立ての実態

サラ金からの取立ての実態とは?

サラ金からの取立ての実態はどんな感じなのか?最初から直接取り立てに来るのか気になりますよね?そのことについて説明していきます。

最初から直接取り立てに来るのかというと絶対に違うとは言いませんが、ほぼないでしょう。最初は電話からですね。電話がかかってくるようになります。自宅に電話がかかってくると思ってください。借りるときに登録した番号になるでしょう。

それでも返済しないと、会社の電話番号とか、勤めてる会社を知られていれば会社に電話がいくでしょう。それが嫌なら自宅までの段階で返済をするべきです。で、これでもまだ返済しないと、今度は請求書がくると思ってください。請求書がくるのが嫌なら早めに返済しよう。

それで、これでもまだ返済しないと電話が増えてきて、自宅にかかってきたときに自分以外の人が出ると借金の内容を言われてしまう事もありますので注意しておきましょう。ここまで返済しないならそんなこと気にしないかもしれませんけどね。

さらにこれでも返済しないとなるともうそろそろ直接取り立てに来るようになる可能性はあります。それまでに身辺調査とかあったりするかもしれません。自分に請求書がくるんじゃなくて親族に請求されたりする可能性もあります。

取立てが直接来るのは最終段階かなーと思うといいでしょう。ここまで来ると素直に返済したほうがいいかもしれませんよ。払わずに時効を利用しようとしているのかもしれませんが、裁判になることもあるので注意してくださいね。

取立てにも制限があるので夜間にドアをどんどん叩かれて寝れないという事はないと思いますが、複数借金してると一か所からの取立ては少なくても何社からも来ると大変ですので、できるだけ返済をしたほうがいいでしょう。

借りてから返済できないから返さないのではなく、借りる前に返済計画を無理せず返していけるように立てておきましょう。そうすれば、借りてから困ることは少なくなるでしょう。