金貸しからお金を借りるときの担保について

金貸しから金を借りる場合担保は絶対必要なのか?

金貸しからお金を借りるときに担保が必要がと言われたらそうですね、と答えます。えー担保にできる物なんてないよーどうしてもないとだめなのって方のために説明したいと思います。

確かにお金を借りるときにはなにかしら担保にするものが必要です。しかしすべてがものである必要はないのです。大金を借りるときには家や土地を担保に必要があるかと思います。しかし少額なら、少額といっても結構な額だと思いますが、家や土地など目に見える物でなくてもいいのです。信用を担保にお金を借りることも可能です。

キャッシングって聞いたことあるでしょうか?クレジットカードなどにキャッシング枠などというものがあるんですが、このキャッシング枠で決まってる上限までなら信用で借りる事ができます。

クレジットカードをつくるには審査に通る必要があるのは知ってると思います。その審査に通ってしまえば、キャッシング枠内でお金を借りる事ができるのです。ですからクレジットカードをもっているだけで急にお金が必要になった時にすぐにお金を借りる事ができるのです。しかしキャッシング枠を使えるようにしているとカードを盗難されたり紛失した時に被害にあう可能性もあります。

それにクレジットカードのキャッシング枠で借りれる金額は信用によって金額が変わってきます。大金を借りる必要がある時には足りないかもしれません。が、大金を借りてもどうせ返せないのでそんなにたくさん借りないでしょう?信用は延滞などしていると失います。限度額を引き上げる事も可能ですが、返済の延滞を繰り返してると、限度額の引き上げは難しいです。というかほぼ無理です。

担保にするものがないというのであれば信用を担保にするという方法もありますので急にお金が必要な方はそれを検討してみてもいいと思います。