サラ金からの借り入れの時効

知っていましたか?サラ金からの借り入れは時効があるんです

サラ金から借入をしたことがある人、もしくは現在借入をしている人に聞きたいと思います。借金に時効があるって知ってましたか?一定の条件を満たせば借金をなくすことができてしまうのです。その方法や注意点について説明していきたいと思います。

時効がある、つまり借金がなくなると聞けば、なくしてしまいたい!と思うのではないでしょうか。しかし、そんなことできるのか?という思いもあると思います。借金をなくす一定の条件とは何なのでしょうか?

条件について説明する前に先に注意点などをいっておきたいと思います。これから条件を説明していくことになるのですが、意図的にその条件を満たそうとしてはいけません。今から条件を満たしていこうとするのはかなり厳しいです。ですから、すでにある程度条件を満たしそうだなあという人で、絶対にお金を返せそうにないという人は、考えてみたらいいのではないかということで時効について説明していくわけです。借金したら時効を目指して頑張れといっているわけではないのです。そのことを理解したうえで時効について聞いてください。

それでは、時効の条件ですが、一つ目は定められた期間の間借金を返済していないこと、二つ目は時効が振り出しに戻っていないこと、三つめが手続きを行う事です。

順番に説明していくと、一つ目の定められた期間というのは5年です。5年間の間一度も返済していなければ、一つ目の条件はクリアです。二つ目は、というか一つ目とセットで考えたほうがいいのですけど、時効の振り出しに戻るというのはですね、5年経つまでに返済を一度でもしているとか、あるいは5年過ぎてからでも一度返済しているとか、裁判などで訴訟を起こされたりすると時効が振り出しに戻ってしまうのです。時効を成立させるまでに借金を一度でも返済してしまうと、また、返済した日から5年待つ必要があります。裁判などに関してはサラ金次第ですね。相手が何か行動を起こすと借金の時効が振り出しに戻ってしまいます。借金している人が借金しているということを認めただけでも振り出しに戻ってしまうのです。

三つ目の手続きに関してはあなたが手続きをさっさと済ませてしまえばいいのです。それで時効成立になりますので借金がなくなります。一つ目と二つ目をクリアしている場合は手続きをすることで時効にできるのです。
簡単に言ってしまうと、5年間いっさい借金を返さずに訴訟も起こされなければその時点で手続きを済ませるだけで借金をなくすことができるのです。

この5年というのは確実に経過している必要があります。6年でも7年でもだいじょうぶですが、5年経過していないのはだめです。一日足りないだけでも条件を満たせていないので借金をいつから返済していないのかはっきりしない場合は注意しましょう。

条件について説明してきたわけですが、時効を目指せといっているのではないです。現在きちんと返済できているのであれば返済していくべきでしょう。5年間相手から何も行動がないというのは普通だとあまりないでしょう。行方をくらましていれば訴訟を起こされる可能性を下げる事は出来るでしょうけどね。

ですから、いまから目指そうとするのではなく、ああそういえばもう何年も借金返済してないなあ、別に訴えられているわけでもないし、これから先借金を返済できるわけでもないというのであれば、時効成立を目指してみるのもいいのではないかという事です。返済できるのに時効を目指す必要はないでしょう?5年間逃げ続けるのもしんどいでしょうし。

どうするかはあなた次第ですのでよく考えてください。