サラ金 プロミス

サラ金を安心して使うなら、最初はプロミスなどの初心者向けを選ぼう

不安をおして利用するしかない?

お金を借りる場合で急いでいるなら、やっぱり銀行よりもサラ金の方が現実的ですよね。銀行は金利がサラ金よりも安めで使いやすそうではありますが、先にカードローンを作っていないと、借りるまで時間がかかりやすのが難点です。それに営業時間が短いので、申し込むタイミングが悪いとどんどん長引いてしまいますね。

ただ、私だけじゃなくて多くの人がサラ金に対して不安なイメージを抱いていると思います。私が住んでいる場所は老朽化が激しくてそろそろリフォームしたいと思っていたのですが、かといってリフォーム費用を簡単に用意する事はできません。すぐにでも建てなおさないといけないのですが、それならサラ金に頼らないといけませんよね?

でも、サラ金というのは非常に印象が悪く、私はこれが初めての借入なのに、何とか騙されないかと心配です。初心者はサラ金に対しても不安をおして利用しないといけないのでしょうか?

サラ金でも初心者向けの場所はある

そこで初心者でも安心して使えるサラ金を検索してみると、意外にもあっさりと結果が出ました。トップにはプロミスなどの有名な大手サラ金が並び立っており、やっぱり有名な企業だとその分初心者にも優しいのかな?と思いました。

少しばかり不安が拭えた私はその大手の中から一社を選んで申し込んだのですが、やっぱり大手ともなると、借入初心者にも随分と配慮してくれるようです。

今回は不安もあって営業所に出向いての利用としましたが、営業所は清潔感があって、さらに窓口応対係の方も非常に愛想が良くて、第一印象だけで言えば、ほぼ完璧でした。

サラ金ってこんなところだったっけ?と悪いイメージに疑問を持ちつつも手続きを進めていくのですが、やはり分からない事が多いので次々質問しましたが、これに対する応対も抜群です。やっぱり何も言わずに貸した方が利益になると思うのですが、それをしてしまえば私のように慣れていないと無駄遣いなどをしかねないし、想像よりも利用者一人一人に対して向かい合っているみたいでした。

無事に契約できて融資を受ける頃にはすっかり不安も無くなっており、サラ金に対する昔の悪い印象というのは、すっかり消えていました。やはり聞いた話だけを鵜呑みにするのは良くないですね。

こんな感じで、私のサラ金への不安はあっさりと拭えました。もちろんカードローン自体も使いやすいですし、今となってはサラ金に感謝もしているくらいです。

金貸しから金を借りる場合担保は絶対必要なのか?

金貸しからお金を借りるときに担保が必要がと言われたらそうですね、と答えます。えー担保にできる物なんてないよーどうしてもないとだめなのって方のために説明したいと思います。

確かにお金を借りるときにはなにかしら担保にするものが必要です。しかしすべてがものである必要はないのです。大金を借りるときには家や土地を担保に必要があるかと思います。しかし少額なら、少額といっても結構な額だと思いますが、家や土地など目に見える物でなくてもいいのです。信用を担保にお金を借りることも可能です。

キャッシングって聞いたことあるでしょうか?クレジットカードなどにキャッシング枠などというものがあるんですが、このキャッシング枠で決まってる上限までなら信用で借りる事ができます。

クレジットカードをつくるには審査に通る必要があるのは知ってると思います。その審査に通ってしまえば、キャッシング枠内でお金を借りる事ができるのです。ですからクレジットカードをもっているだけで急にお金が必要になった時にすぐにお金を借りる事ができるのです。しかしキャッシング枠を使えるようにしているとカードを盗難されたり紛失した時に被害にあう可能性もあります。

それにクレジットカードのキャッシング枠で借りれる金額は信用によって金額が変わってきます。大金を借りる必要がある時には足りないかもしれません。が、大金を借りてもどうせ返せないのでそんなにたくさん借りないでしょう?信用は延滞などしていると失います。限度額を引き上げる事も可能ですが、返済の延滞を繰り返してると、限度額の引き上げは難しいです。というかほぼ無理です。

担保にするものがないというのであれば信用を担保にするという方法もありますので急にお金が必要な方はそれを検討してみてもいいと思います。

サラ金への借金中に刑務所に入るとどうなるの?

借金してる途中に刑務所に入っちゃうとどうなるのでしょうか?借金はなくなるのかというとそういうわけではありません。借金は残ったままです。刑務所から出た後にでも働いて返す必要があるでしょう。

しかし、刑務所に入っている間も時間は進んでいます。刑務所に入ってしまった場合は返済をするということ以外に考えておいたほうがいいこともあります。例えば、刑務所に入るかなり前から借金をしていて、それは長いこと返済してないなんていうのであればなおさら考えるべきです。

例えば3年前にお金を借りて2年ほど前から返済を全くしてない、その状態で刑務所に3年から4年ほど入ることになってしまった。まあ、2年も前から返済してないならたいして気にしてないかもしれませんが、刑務所に5年以上いる事になった場合借金をしてるなら考えたほうがいいです。

何を考えるのかというと借金の時効です。借金を返済してない期間が5年以上あると借金を時効にしてなくしてしまう事が可能なのです。刑務所に入ってる間は時間を計測しないというわけではありません。刑務所から出てすぐに働くところがないのに借金返済の取立てに来られても困りますよね。そういったことを防ぐためにも時効について考えておいたほうがいいのではないでしょうか?

一定期間返済していなくて、貸金業者から何か行動がなければ手続きさえしてしまえば借金をなくすことが可能です。ですから、刑務所に入ってしまった場合は時効について検討してみてもいいとは思います。お勧めしてるわけではありません。

借金が原因でまた刑務所にという事もありますからね。やり直すならゼロからのほうがいいでしょう。借金をなくしてしまってやり直すというのも一つの方法だと思います。ただ、時効にしても返済をしたわけではないので、お金を借りるという事が情報が残っている間はほぼ無理ですので注意しておきましょう。

サラ金に借金があると車のローン審査に通らないのか?

借金があると審査に通らないのか?あなたはどう思いますか?まあそれがどうなのかわからないから調べるんですけどね。ローンの審査に通らないのかと聞かれると、いいえ、じゃあ通るのかときかれても、いいえ、ですかね。

どっちともいえないという事です。借金があったら絶対にローン審査に通らないというわけではないです。借金があると審査に通りにくくなるとは思いますけどね。しっかり返済していて、延滞もせずに、収入がしっかりとあれば通る可能性はあります。

たとえ借金をしていなくても、収入が安定してなかったり、安定してても返済を延滞してたりすると審査に落ちる事もあります。だから借金をしてるから落ちたとか、借金してないから通るとかじゃないんです。

影響はしますよ。多少通りにくかったり、あるいは多少通りやすかったりね。まったくお金を借りたことがない人よりは多少お金を借りて延滞せずに返済をしてる人のほうがローン審査に通りやすいかもしれません。

だってそうでしょう?まったくお金を貸したことがない人の場合、たとえ収入が安定しててもどういった人かわかりづらいじゃないですか。でもお金を貸したことがあってそれを延滞なくしっかり返済してくれた人なら少し信用できるじゃないですか。だから過去に借金した事があってきちんと返済してる人のほうが審査に通りやすいのではないかという事です。

通りやすいか通りにくいかの違いで、絶対に無理とか絶対に通るとかじゃないんです。審査を受ける前にあきらめるんじゃなくてとりあえずローンを組みたいなら審査を受けてみましょう。もちろんローンを組んで返済していけるなら、ですよ。

ローンを組む前に返済計画を立て無理なく返済できるようにしておきましょう。ローンを組んでも払えないじゃ駄目ですからね。しっかり計画を立ててローンを組みましょう。組めるかどうかわからないのであればとりあえず受けてみればいいのです。ローンを組む必要があるなら頑張りましょう。では返済のことも考えてローンを組むようにしましょう。

消費者金融などから借入があると警察官になれないのか?

消費者金融にかかわらず借入があると警察官になれないのか?絶対になれないというわけではないでしょう。そりゃ、借りたのに返してないとか踏み倒そうとしてるとか、ブラックリストとして残ってる、そうでなくてもそれに近い状態が長く続いてたりしてその情報が残ってると影響が出てくるかもしれません。

過去に借金しててきちんと延滞せずに返済できているなら特に気にする必要はないでしょう。警察が気にするのは問題を起こす可能性があるのかないのかそういったところでしょうから。警察官になるのに借金をしたことがあるといけないなら警察官になった後も借金できないという事になります。

警察官になった後で家族が病気になりどうしても多額のお金が必要なのに借金したらクビだなんて言われると困るでしょう。借金する理由にもよるでしょうが、基本的にきちんとした理由でお金を借りてるなら返済さえきちんとしておけば安心して良いと思います。

むしろ身辺調査などがあった時に変な噂とかないように注意しておくほうがいいと思います。親族に犯罪を起こしたことがあるとか、そんな人がいると警察官になるのは難しいかもしれません。警察は借金をしてる人より何か問題を起こしそうな人を警察官にしたくないのだと思いませんか?身内に過去犯罪を起こした人がいても警察官に知り合いがいてこの人は大丈夫だと、おしてもらえるなら警察官になれるかもしれませんしね。

でも、身内に犯罪を起こしたことがある人がいる場合は可能性が低くなるとは思ったほうがいいでしょう。しかし、少し借金してたくらいではたいした影響も出ないでしょう。

借金くらいで無理かなと思ってあきらめるならそれでもいいと思いますがどうしてもなりたいならチャレンジすればいいと思います。何かしら不安な要素があるなら近くの交番とかで聞いてみればいいじゃないですか?借金とかしたことあったら警察官になれないんですかって、ま、たぶん絶対になれないとは言わないと思いますけどね。

なりたければ、チャレンジすればいいんです。あなたが求めている物が何か?借金あっても大丈夫だよと言ってほしいってだけならいくらでも言えるかもしれません。しかし、大丈夫だ絶対になれると言い切ることはしません。警察官になろうと思うならチャレンジしましょう。警察学校に行く前の段階で悩んでるならもっといろいろ調べましょう。

それでどうするかは警察官になろうとしているあなた次第です。やめるもよし、チャレンジするもよし、どちらにしてもしっかり悩んで決めてください。

サラ金から借金・・・本人死亡で借金はなくなるのか?

サラ金、にかかわらず借金は借金をしている本人が死亡しても残ります。死亡したらなくなるというわけではありません。ですから、もし仮に死亡した本人が借金をしていたらそれをどうするのかを決めなくてはなりません。

借金は負の遺産として残るのです。例えばですが、おじいちゃんがなくなった。遺産はいっぱいある。家もあるし、お金も多少ある。もらおうかなと思っていたら借金があることが分かった。そういった時にどうするかです。家や財産と借金を比べてどうなのかを考える必要があります。いくら家や土地があっても借金が返済できないほどたくさんあればどうします?

財産は放棄するか相続するかを選べます。じゃあ借金はいらないから家や土地だけ相続するなんてことはできません。相続するなら借金も含めて相続しなければなりません。自分の都合のいいように借金だけ相続しないなんてことはできないのです。

ですから相続するかどうかをしっかり考えないといけません。先ほど述べましたが借金が多すぎて家や土地をもらっても返せないような借金がある場合は相続しないほうを選んだほうがいいと言えるでしょう。

それで、本人が死亡してからできるだけ早めに相続するかしないか手続きをしましょう。ある程度の期間が過ぎると勝手に相続されてしまうので放棄するなら早めにしましょう。期間が過ぎて勝手に相続された後で借金があることが判明した場合は一定期間を過ぎた後でも放棄できる可能性はありますので、本人が死亡してつらいのはわかりますが、やるべきことはやるようにしましょう。

ということで、借金は勝手になくなったりしません。手続きが必要です。できるだけ早めにどうするかを決めするべきことをしておきましょう。一定期間過ぎてしまうと相続放棄できないこともあるので注意しましょう。

消費者金融からお金を借りる!その危険性とは?

消費者金融からお金を借りる危険性そんなものあるのでしょうか?消費者金融からお金を借りること自体に危険性があるというわけではありません。まあもちろん、銀行にしろ消費者金融にしろお金を借りすぎると返せなくなるという危険性はありますけどね。そういう話ではないのです。

銀行の場合だと大きなところだとみなさんよくご存じでしょう?消費者金融の場合どうでしょう?消費者金融知らないところも多いんじゃないですか?まあ、消費者金融と銀行あまりよくわからないところもあるかも知れませんけどね。大きいところとかならみなさんどちらでも知ってると思います。

なぜ、消費者金融のほうで危険があるのか、これはですね、消費者金融の場合ヤミ金にひかかる可能性があるのです。銀行の場合まずこういった可能性はないでしょう?消費者金融の場合多少金利が高くても銀行よりは審査に通りやすいと思い消費者金融にしてる人もいると思います。無審査とか即日貸してもらえるとかそういうのを見て、銀行では無理だったけどこれでお金を借りれると油断したりしてませんか?そういったところをヤミ金が狙ってるかも知れません。無審査とか即日貸しますとかそういったのにつられないようにしましょう。審査がなくても金利などには注意しましょう。

お金を借りるのは最小限にとどめるようにしましょう。どうせ後で返すからなんて思っておおめに借りると返済が大変になりますのでね。消費者金融から借りようとするときはヤミ金にひかからないようにしましょう。特にどこからも貸してもらえなくて焦ってるときは深呼吸とかしながら冷静に選ぶべきです。

注意しててもヤミ金に当たってしまう事があるかも知れません。できる限り注意をしてお金を借りるようにしましょう。銀行から借りるか消費者金融から借りるかはたいした違いではないですが、ヤミ金から借りてしまうと面倒なのはわかるでしょう。借りるときには注意しましょう。

金貸しから金を借りるとなぜ過払いが生じるのか?

なぜ、お金を借りると過払いなんてことが起きるのでしょうか?それは法律のせいですね。簡単に言っちゃうと。利息制限法で定められている金利の上限ともう一つ別の法律で定められている法律での金利の上限に差があったんです。その差をグレーゾーンなんて言ったりしてます。

その差で生じるのが過払いなんです。だからお金を借りたことがある人で返済を長くやっている人だと過払いの可能性は十分にあり得るのです。過払いかどうかは弁護士に相談してみるのがいいでしょう。弁護士に相談する費用と過払い金と考えて得をするようなら相談して過払い金の返還請求をするといいと思います。

絶対に過払い金の請求をしたほうがいいといっているわけではないので注意してください。それから、過払い金の請求をするにはまず、返済を済ませてからにしましょう。返済を済ませる前に過払いだなんだの行っても仕方ないことはわかるでしょう?文句があるなら借りた金返してから言えやってなるのはわかるでしょう。

ですから、まずは返済を済ませる事です。明らかに金利が高すぎて返済しても金利を返すだけで精いっぱいなんて状況ならもうすでに相談してるでしょ?金利が高すぎないか?って。まあ、でも金利がそんなに高くなくても借りたお金が大きければ金利で払う分も増えるのでしんどくはなりますがね。

過払いが生じるのは法律の金利の上限に差があったからです。もしかしたら自分も過払いかもしれない。そのお金がけっこう多くて取り返せるなら取り返したいと思うなら弁護士に相談するといいでしょう。どうするかはあなた次第ですのでよく考えて得をするほうを選ぶようにしましょう。皆が過払い金の返還請求をしてるからといってあなたも絶対にできるというわけではないので注意してください。

銀行と消費者金融ではどちらのほうが審査に通りやすいのか?

銀行と消費者金融、審査に通りやすいのはどっちか?どっちが通りやすいかそれはどっちとも言えませんね。偶然消費者金融に通りやすい人であれば消費者金融のほうが比較的通りやすいというでしょうし、いや銀行のほうが通りやすいんじゃない?って人もいるでしょう。

まずは、どちらも収入が安定してないと審査に通るのは厳しいですね。返してくれるのかくれないのかはっきりしない人にお金を貸せるかというとなやみますよね?私だったら返してくれそうにない人は貸さないと思います。友達なら貸すかもしれませんが、見ず知らずの人に金を貸せるかと言われると返してくれそうにないと貸せませんね。

それと後は信用できるかどうかです。いくらたくさん収入があっても返してくれない人には貸せません。よく延滞してる人に大金を貸しちゃうと返してくれそうにないですもんね。そんな人にお金を貸すのは躊躇します。

それは、私だけでなくみなさんも同じではないでしょうか?消費者金融や銀行も仕事とはいえ、いや、仕事だからこそしっかりと審査をするのです。どっちが通りやすいか何も考えなければ消費者金融のほうがもしれませんね。お金を貸すことでしか収入がないならできるだけ貸そうとするから審査に通りやすいかもしれません。でも、やはりどちらも似たようなものです。見かたは違うでしょうけどね。

人が違えば見かたがちがうのは当たり前です。だからこそ銀行で審査に通らなくても消費者金融のほうでは審査に通ったり、消費者金融のほうで通らなくても銀行のほうで通ったりするのです。

ですから、お金を借りるなら、まずは自分の収入は安定しているか、延滞せずに返していける金額を借りようと思っているのかしっかり考えてからにしましょう。お金を借りるときには金利などについても考えるはずです。

よく考えて消費者金融にするのか銀行にするのか考えましょう。自分は消費者金融のほうが都合がいいと思っていても審査に通るかどうかはわからないのでどちらの場合でも自分に合ったところを探しておくのがよいでしょう。

サラ金からお金を借りる!債権譲渡とはなにか?

債権譲渡って知ってますか?債権譲渡って言うのはその名の通り債権を譲渡するんです。え?そんなことはわかってるって?・・・そうですよね。では少し説明していこうと思います。

債権譲渡というのは、えーとそうですね、例えばあなたがA社からお金を借りていて、あなたが全く返済しなかったとするじゃないですか。で、A社も頑張って取立てするんだけど、もうこの人から借金を回収できないって思ったら、債権(貸した金を返せって言える権利)を全く同じ状態で別の会社に売り渡すんですよ。これが債権譲渡です。

はあ?渡すだけ?じゃあ特に問題ないのでは?と思うかもしれませんが、そうではないのです。通常であれば債権は法務省が定めている債権回収会社に渡すのですがそうじゃないところもある可能性も十分あるのです。

もし、その債権が暴力団ぽい人のところにわたってたらどうします?困りますよねえ?そうなると取立て厳しくなりますからね。それに債権譲渡の困るところはこれだけじゃないんですよ。

例えば今から5年以上前に借金しててそれを返済してないってときに急に返済請求されて最終通告みたいなのが送られてくると焦りますよね。最後に返済したのが5年以上前で今までに特に何も言われてなく急に通告が来た場合もしかしたら時効が成立してるかも知れませんので、支払いをする前に確認してみてください。

払ってないのを時効になってるにもかかわらず払えってのは、まあ払ってないあなたにも問題がという事になるかも知れませんが、時効になってたら払う必要はないのです。それに過払いの可能性もあります。債権譲渡された場合古いものだと記憶に残ってないこともあるでしょう。

急にそういうのが来たからといって連絡してはいけませんよ。相手にすぐに連絡を入れると焦っていると思われて、払う必要のないものまで払わされることになるかも知れませんので。ですから心当たりがないなら連絡してはいけません。もし借金があったとしても5年以上経過していれば時効の可能性もあります。

そういった時一人での対処が不安なら弁護士などに相談してみるといいでしょう。債権譲渡には十分注意してください。そして返済はきちんとしましょう。

消費者金融と銀行はお金を借りるならどっちがいいの?

消費者金融と銀行お金を借りるならどっちがいいのか?さてどっちがいいんでしょう。どっちがいいと思うと聞かれて絶対にこっちだとは言えません。まず、あなたはなぜお金を借りるのか、いつ借りる必要があるのかなど借りるときの条件みたいなものによってどっちがいいのかって言うのはかわってくるんです。

消費者金融の場合だとすぐにお金を借りる事ができるかもしれませんけど金利が高い可能性があります。逆に銀行はすぐにお金を借りれないけど金利が低めに設定されていたりします。絶対にそうだとは言いません。どっちから借りるほうが今のあなたにとって都合がいいのかを考えてみましょう。

どれくらいお金を借りたのか、早く借りたいのか、いろいろあるでしょう。だからそのあたりをしっかり考えてからでないとどっちだとはいえないのです。それに消費者金融で狩りたいと思っても貸してくれない可能性もあります。そんなときに、じゃあ銀行に行ってみようとするのも一つの方法です。逆に銀行がだめだったから消費者金融で借りてみようというのも一つの方法です。そういった考えでもいいでしょう。銀行がだめでも消費者金融が、もしくは消費者金融がだめでも銀行が、という事もありますからね。

早く借りたくて金利が少し高めでもいいなら消費者金融のほうがいいでしょうし、審査には時間がかかってもいいから金利は安めがいいというのであれば銀行のほうがいいでしょう。

どちらにするかはあなたの状況をよく考えてから判断しましょう。お金を借りるのは私ではないのです。あなたなのですから。金利が高くなると返済がしんどいとか、いろいろあるので、注意してくださいね。しっかり考えてから借りるようにしましょう。